情報教材・通販教材のメリットとは?稼げるのか?買うべきなのか?

ネットで稼ぐ方法

このブログを見てくださっている方々は
【ビジネス】【稼ぐ方法】などに興味がある人が多いでしょう。

私は「ネットで稼ぎたい」と思い、
色んな稼ぎ方を調べ、ノウハウを紹介する「№087ブログ」を作っています。

本気で人生を変えたいと思い、ネットで稼ぐという手段を選び、挑戦中です。

このブログでは、私の好きなものや、皆さんの役に立ちそうなものなど、
たくさんの情報教材や、商品などを紹介しています。

情報教材のメリット、デメリットを知り、買うべきなのか?じっくり判断しましょう。

スポンサーリンク

何のために情報教材を買うのか?「情報教材のメリット」

情報商材のメリットとは?稼げるのか?買うべきなのか?

情報教材のメリットはただ一つ【ノウハウ】を得られることです。
稼ぐ方法や、自分をスキルアップさせるための方法を知ることができます。

その情報は、あなたの時間と労力を大幅にカットしてくれます。

何ヶ月もかかって作り上げられたノウハウを
たった数時間から、数日で知ることができるのが「情報教材」です。

料理人の見習いで言えば、一般的には掃除や皿洗いからスタートし、
やっとの思いで包丁を握れるようになります。

大工さんも、初めは掃除や雑用ばかりでしょう。

そんな面倒な下積みをせずに、ある程度のレベルまで行けるのが情報教材のメリット。

 

商材が3万円でノウハウを見い出し作成するのに、1日2時間の作業で、3ヶ月かかった商品の場合、
そのノウハウを得るための労力と時間「約180時間」を短縮出来ることになります。

労力と時間を短縮できるわけですから「情報教材のメリットは大きく、効率が良い」のです。

稼ぐ為には、稼ぐ方法を知っている人のマネをする。
成功するには、成功者のマネをするのが一番手っ取り早く、効率が良いことは明らかです。

1つ1つの行動が、いかに効率良くなされたか?
すべての行動が非効率的なら、人生は失敗に終わり、
すべての行動が効率的なら人生は必ず成功する。【作者不明】

100%稼げるわけではない「情報教材のデメリット」

情報商材のメリットとは?稼げるのか?買うべきなのか?

ですが、ただお金を払えば、100%稼げるようになるわけではありません。

稼げる人、稼げない人、多くの収入を得る人、
少しの収入しか得られない人など、実践する人により様々です。

なぜそんな差が出てしまうのか?

一概には言えませんが、
最終的に【本気でやると決意し、実践し、行動し続けたか?】だと思います。

 

私自身、数々の情報教材を買った経験があります。

私は、簡単に稼げるんじゃないか?という気持ちで教材を買い、
少しやって、すぐ諦め、また情報教材を買い……と繰り返していました。

買って「読むだけ」でも基本的な知識から、役立つ深い知識を得られますが、
実際に稼げるようにならなければ、それは単なる知識です。

知識を利益に変えるためには、行動をしなければいけません。

情報教材は「誰でも100%得をするものではない」
行動を起こさない人、諦めた人は「ほぼ確実に稼げない」のが情報教材のデメリットです。

人間の最大の弱点は諦めることだ。
成功するための最も確実な方法は、常にもう一度やってみることである。
【トーマス・エジソン】

情報教材の注意点

情報商材のメリットとは?稼げるのか?買うべきなのか?

一つ注意しておきたいのは、その教材自体の情報が間違っていることです。
簡単に言えば「詐欺」みたいな商品です。

紹介している内容と全く違っていたり、
誇大表示をしている商品などもたまにあります。

商品を購入する際には、購入件数や、レビュー、
商品提供者などの情報を見たりして、しっかり自分で判断して購入しましょう。

また、稼げなかったから「詐欺商品」ではありません。

有益で役立つ情報だとしても、やり方を間違ったり、
中途半端にやって辞めてしまうと稼げません。

未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。
目先のことに集中する。まずそれをしなければ何も始まらない。
【堀江貴文】

本気で稼ごうと思っているのか?

情報商材のメリットとは?稼げるのか?買うべきなのか?

なんとなく「買ってみようかな?」
という気持ちで買おうと思っているなら、もう一度真剣に考えてみましょう。

「なんとなく買った情報教材で、なんとなくやってみたら、簡単に儲かっちゃった♪」
なんていう人は少ないはずです。

お金が湯水のごとく溢れ出てくるような財力があるのであれば、
何度買っても問題ないかもしれませんが、
多くの人は、生活費を削って教材を買い、自分の時間を投資するわけです。

投資するのであれば、本気で稼ごうと決意し、行動しましょう。

もし、本気で行動し続けてもダメだったら、
「ネットでのビジネスはキッパリ辞める」という選択肢も出てきます。

 

中途半端にやると「あの時本気でやらなかったから…」
「次、本気でやったら稼げるかもしれない」などと同じことを繰り返してしまいます。

私自身、本気でやってこなかったから再挑戦をしています。

本気でやらず中途半端にしてしまうと、言い訳できる環境を生み出し、ちゃんとした結果を出せずに終わってしまう…。ちゃんとした結果が出せなかったから、また同じ事を繰り返す…。

この状態が一番危ないと思います。

 

情報教材を買う場合、稼げるようになるまで辞めない。諦めない。
もしくは期限を決め、○○まで本気でやってみる。

その期限に達しても尚、稼げないのであれば他の方法を試すなど、
期限付きでもいいから「本気」でやる。

本気でやる覚悟がある人にとって、情報教材は大きなメリットになります。
本気でやる覚悟があるなら迷う必要はありません。

人生は、今、ここにしかない。
今しか変えられないし、今を変えることでしか、未来は変わっていかない。
【作者不明】

何もせずぼーっと人生を生きるのか?
それとも自分の好きなことを追求していくのか?
皆と同じでいるのか?
それとも誰とも似てないオリジナルでいるのか?
安定を選ぶのか?それとも挑戦し続けるのか?
【Amazon創設者:ジョフ・ベゾス】

コメント