パーマリンク設定も SEO対策 に必要な要素

SEO対策

ブログ、アフィリエイトで最も重要なのはアクセス数。
そのアクセス数を多くするには SEO対策 が必要です。

そんなSEO対策の一つに「パーマリンクの設定」があります。

パーマリンクとは「投稿」「固定ページ」といったページのURLで、
ブログURL + ページURL の「ページURL」の事を指します。

WordPress では、パーマリンクの設定が簡単に行えるにも関わらず、
あまり重要視していない方もいるようです。

検索順位を上げるために「パーマリンク」の設定を行いましょう。

その他、SEO対策についての関連記事

スポンサーリンク

SEO対策に適しているパーマリンクとは?

パーマリンクを設定する場合、WordPress には様々な選択肢があり、
選択肢として悩むのは以下の二点だと思います。

  • 日付を入れるか?
  • カテゴリーを入れるか?

ですが、両方必要ありません。パーマリンクは、1ページずつ個別に設定すべきで、
SEO対策に適しているパーマリンクとは「ページの内容と一致しているシンプルな英単語」です。

「p-123」というURLだと、どんな内容を記載している記事かわかりませんが、
「permalink」の場合、パーマリンクに関しての記事だとわかります。

検索エンジンに「このページは○○に関しての記事」と
認識してもらうために一つ一つパーマリンクを設定します。

キーワードを入れることにより、そのキーワードに関しての記事と認識され、
そのキーワードの検索順位が上がる可能性が高くなります。

 

日本語のURLでもOKですが、日本語URLはhtml上での記述が不要に長くなってしまいます。

%E3%82%92%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%82…といったURLを見たことが
あるかと思いますが、これはURLが日本語であるため、このような表記になります。

英語の方が短く、わかりやすいため、英語URLをオススメします。

パーマリンクの設定

パーマリンクは短い英単語が理想的なので、基本的には「投稿」や「固定ページ」の
編集画面で変更する必要がありますが、その前に根本的な設定を変更しておきましょう。

ダッシュボード左のメニューから「設定 → パーマリンク設定」から変更します。

パーマリンク設定

基本的に、個別に変更するので「投稿名」か「カスタム構造」を選択しておきましょう。
このブログでは「投稿名」を選択していますが、どちらでも構いません。

変更後「変更を保存」で完了です。

記事別にパーマリンクを設定する

ブログのパーマリンク設定を終えても、まだ終わりではありません。
投稿する前に、必ずパーマリンクの設定を行いましょう。

記事編集画面の「タイトル下」に「パーマリンク」という項目があります。
「編集」をクリックし、設定したいパーマリンクを入力し「OK」を押せば変更完了です。

記事別パーマリンク

投稿後にパーマリンクを変更すると多少ややこしくなるので、
投稿する前にパーマリンクを変更したか確認して投稿しましょう。

パーマリンクを途中で変更する場合の注意点

一度投稿したパーマリンクを変更する場合、
SEO的に大きなマイナスになる可能性があります。

パーマリンクとは記事別のURLなので、
パーマリンクを変更するということは、全く新しいページを生成することと一緒で、
変更前のページは存在しないページとなり「404エラー」が表示されます。

そのため、記事の「被リンク」や「シェア数」などがリセットされます。

数ページのパーマリンクを変更するくらいであれば問題ありませんが、
多くの記事を変更するとなると、SEO的にはマイナスになる可能性が高くなります。

 

投稿後にパーマリンクを変更した場合は、
「301リダイレクト」の設定を行う必要があります。

301リダイレクトを設定すると、
前のURLからでも、新しいページへ自動的に転送することが可能です。

301リダイレクトの設定を行うことで、SEOへのマイナスを軽減してくれます。

途中でのパーマリンク変更はオススメしませんが、
もしパーマリンクを変更するのであれば、301リダイレクトの設定を必ず行いましょう。

301リダイレクトの設定方法【パーマリンク・URL変更】Redirection
サイトの移転、SEO対策、パーマリンク変更、常時SSL化など、ブログのURLを変更した場合、元のURLは「404エラー」となりSEO評価を下げる恐れがあります。URLを変更した場合は【301リダイレクト】の設定を行いましょう。WordPress-Redirectionでの301リダイレクトの設定方法を記載…

まとめ

  • 検索順位を上げるために「パーマリンク」の設定を行う。
  • パーマリンクは、1ページずつ個別に設定する。
  • パーマリンクには、ページの内容と一致しているシンプルな英単語が適している。
  • WordPress のパーマリンク設定では「投稿名」か「カスタム構造」を選択。
  • 投稿する前に、必ずパーマリンクの設定を行う。
  • 一度投稿したパーマリンクを変更する場合、SEO的にマイナスになる可能性がある。
  • 投稿後にパーマリンクを変更したい場合は「301リダイレクト」を設定する。

その他、SEO対策についての関連記事

コメント