独自SSLとは?アフィリエイトとの相性は?鍵マークが表示されない原因。

SEO対策

今回新たにブログを開設したのですが(当ブログ)、
「独自ドメイン」と「独自SSL」を利用し、検索上位表示を目指していますが、

その際に色々と感じたことを記載しておきます。

まずは【独自SSL】について知っておきましょう。

今現在では、あまり役立たない記事になっているので、下の新しい記事をオススメします。

SSL化してるブログで「完全に保護されていない」と出るならコレ!【WordPress】
chromeでブログURLを確認すると「このサイトへの接続は完全には保護されていません」と出ている…少し前は、まだASPとかのSSL化が浸透してなかったから「まぁ今はこのままでいいか~」と思っていましたが…「このサイトへの接続は完全には保護されていません」を解除し、保護された通信にする方法…
スポンサーリンク

独自SSLとは?

通常のURLは「http://」ですが、独自SSLの場合「https://」となり【S】が入ります。

独自SSLとは「情報を暗号化して送受信する仕組み」で、
「個人情報の保護」を目的としています。

簡単に言うと「独自SSLを利用しているサイトは信用性が増す」といった感じです。

独自SSL使用 独自SSL未使用

「鍵マーク」が表示されているサイトは「独自SSL」を利用しているサイトです。

左の画像は「鍵マーク」が表示されていて、
右の画像は「鍵マーク」表示されていません。

独自SSLを利用しているサイトと、利用していないサイトとでは、一目瞭然です。

「独自SSL」と「SEO」の関係

今回「独自SSL」を利用した一番の目的は「SEOに関係している」からです。
というかSEO対策の為だけです。

というのも、大手検索エンジンの「Google」が
【SSL対応状況を、検索結果順位を決める要因にする】と公式発表しました。

SSL化されているサイトの方が検索順位が優遇されるのです。
であれば、ブログを始める際「SSLを導入しておこう」と考え、
このブログもSSL化しました。

大手サイトでは、ほぼ「SSL化」されています。
(Google、Yahoo!、Twitter、Facebookなどから、企業のサイトでも)

この先、更にサイトの「SSL化」が進むと思われます。
検索順位を上げたければ「独自SSLを導入した方が良い」ということになります。

「Xserver」で、一番安い「独自SSL」を利用する場合は
「1年で1,000円+税」という破格で利用できます。

今では、エックスサーバーで無料の独自SSLを利用できます。

独自SSLとアフィリエイトの相性

問題はココです。

独自SSLを利用していて、ふと「鍵マーク」を見てみると、
鍵マークが表示されていないページがありました。

色々と調べてみると表示されない原因が見つかりました。

●フレームを利用したページ構成で、
一部のフレームに非SSLのページを呼び出している場合
画像やスタイルシートなどの一部コンテンツを非SSLで呼び出している場合
●非SSLのリンク設定をしている場合

https://jp.globalsign.com/support/faq/89.htmlから引用

このブログでは、多くのアフィリエイトバナーを利用しており、
アフィリエイトバナーを利用する場合、殆どの広告は「画像」を利用しています。

大手ASP「A8.net」の広告コードは【<a href=”http://px.a8.net/……】と…

広告を読み込む際に、ASP側のURLを経由することになり、
非SSLを呼び出していることになります。

今ではSSL化をしていないASPを探す方が難しい程SSL化が浸透しています。

この場合「鍵マーク」が表示されず、
使うブラウザによっては「警告マーク」「警告文」が表示されます。

アフィリエイトバナー

ですが、画像を使わない「テキストリンク」の場合は、
画像を利用していないので鍵マークには影響しません。

バナー無し

今の所、画像を使ったアフィリエイトバナーを利用しつつ、
鍵マークを表示する術はありません。
鍵マークを失わずにアフィリエイトを行えるのは「GoogleAdSense」だけです。

今ではSSL化をしていないASPを探す方が難しい程SSL化が浸透しています。

独自SSLとアフィリエイトの相性part②

一般的なASPを利用してアフィリエイトを行う場合、
Firefoxなど、特定のブラウザでは「警告マーク」などが表示され、
「危ないサイトかも?」などと勘違いされる恐れがあります。

アフィリエイトを目的としたサイトを作成する場合、
SSL化は「機会損失」になりかねません。

ですが、chromeなど、ブラウザによって鍵マークのエラーは何事もなく表示されます。

 

また、SSL化したページにバナーを挿入した場合、
バナーによってAdSense広告が表示されない場合があるみたいです。

今後、アフィリエイトバナーのSSL化が進むと思われますが、

今の所は「何とも言えない状態」です。

今後SSL化が進むことを考えると、
早めにSSLを導入した方が良いと思いますが、
アフィリエイトメインの場合は、もう少し様子を見ても良いかと思います。

Google検索窓を利用している場合

もう一つは「Googleの検索窓」を利用している場合です。

Google検索

検索窓のコードは【<form action=”http://www.google.co.jp/……】と始まります。
このコードを【<form action=”https://www.google.co.jp/】と
変更すれば鍵マークに影響しません。

WordPressをSSL化する手順はコチラ↓

WordPress を「SSL化」する方法と手順
Google が【SSL対応状況を、検索結果順位を決める要因にする】と公式発表したため、SEO対策のために、今後、ブログ・ホームページをSSL化する方が増えてくると思います。今後、ネットのSSL化に乗り遅れないように、ブログのSSL化をしましょう。このページでは、WordPressをSSL化する方法と手順…

まとめ

  • SSLは「SEO」に影響する。
  • 今後更に「SSL化」が進むと思われる。
  • アフィリエイトを目的としている場合は注意。
  • 鍵マークが表示されない場合、バナーなど、非SSLを呼び出している可能性が高い。
  • バナーを利用する場合、鍵マークが失われると共に、AdSenseに影響する可能性がある
  • 鍵マークが表示されない場合、検索窓など、コードを利用したものにも注意する。

コメント