【ネットで稼ぐ方法】せどり、オークション、ネットショップの基本

せどり・ネットショップで稼ぐ

せどり、オークション、ネットショップは、
稼ぐ方法は違いますが、根本的な考え方は同じです。

「安く仕入れて高く売る」を徹底し、売れる商品を仕入れることです。

せどり、オークション、ネットショップは、
仕入先や販売するところが違うだけで、基本の商売と変わりありません。

せどり系で稼ごうと考えている方は、自分にあった方法を選びましょう。

また、古物を扱う場合は「古物商許可証」が関わってきます。

せどり、オークションで稼ぐには「古物商」が必要?
せどりやオークションで稼ごうと思っているなら、古物商について、必ず知っておくべきです。「古物商許可証」は必ず取得しなければいけないのか?取得しなくても大丈夫なのか?しっかり確認しておきましょう。せどり、オークション転売で稼ぐ場合「古物商」は必要なのか?…基本的に、自分の物を売る場合や、営利目的ではない場合…
スポンサーリンク

ネットせどりで稼ぐ

ネットせどりとは、CD・DVD・家電などの商品を仕入れ、
Amazonなどで販売し、その差益を稼ぐネットビジネスです。

ネットせどりは、アフィリエイトとは違い、多少の金銭的リスクがあります。

商品を仕入れるため、商品代金が必要となります。
もし売れなかった場合や、仕入れた商品が更に安く販売されている場合などは、
競争しなければ売れなくなるので、多少の赤字で在庫処分をすることもあるでしょう。

会社の給料に頼らず「自分自身の稼ぐ力」を磨く
会社の昇給があまり望めない時代にあっては、サラリーマンをしていても、給料以外に複数の収入源をもったほうがいい。副収入を得るノウハウは、アフィリエイト、個人輸入・輸出、投資、不動産経営など、他にも数えきれないくらいあります。そのなかでも、初心者が一定の結果を出しやすいものは物販です。しかも、日本語で売買できる「国内せどり」をおすすめします。ネットビジネスの有名人でも、最初は「ネットせどり」から始めたという人も少なくありません。
月10万円ラクに稼げる「ネットせどり」入門 1,2ページから引用

せどりを行うにあたって必要なものは、ネットにつながる環境と多少の資金のみです。
難しい資格は必要なく、月数万円からでも始められるのが「せどり」です。

オークションで稼ぐ

オークションでは、自分の身の回りの不必要なものを売ったり、
仕入れた商品をオークションで売ったりして、報酬を得ます。

仕組みはせどりと変わりありません。

商品自体に転売禁止などの決まりがある場合もあるので、仕入れの際は注意しましょう。

オークションのメリットは、
オークションでの仕入れの際にすごく安く仕入れられる可能性があるのと、
思った金額より高く売れる場合があることです。

ネットせどりよりも単発的な稼ぎ方なのが「オークション」です。

ネットショップで稼ぐ

ネットショップを開く場合は、仕入れが重要になってきます。

自分が作ったオリジナル商品を販売したり、日本には売っていないものを海外から仕入れて独占販売したりなど、新たなマーケットを作り出す場合にオススメです。

また、ドロップシッピングという方法もあります。

Amazonで仕入れたものをネットショップで売るという事も可能ですが、
Amazonで売っているものは、ほとんどの人がAmazonで購入するでしょう。

Amazonでは、ほぼ最安値なうえ、利便性も高いため、同じ値段でAmazonで売っている商品を、わざわざ個人のネットショップで購入するとは考えにくく、あまりオススメできません。

 

また、個人ブランドなどが売れ出すと、一番利益が見込めるのが「ネットショップ」です。

全く知らない商品を売ることが目的であるため、
売れ出すのにも時間が掛かり、宣伝なども必要となってきます。

せどりやオークションよりリスクが高く、リターンが大きい方法です。
ネット物販の最終形が「ネットショップ」という感じです。

まとめ

「ネットで何かを売ってみる」という感覚を味わうのであれば、
一番簡単な方法が「オークション」次に「せどり」最後に「ネットショップ」です。

「オークション」=「フリーマーケット~ショッピングセンター内の質屋経営」
「ネットせどり」=「大型ショッピングセンター内の小規模店~大型店の経営」
「ネットショップ」=「路面店経営~自社ブランド立ち上げ」

個人的にはこんなイメージで、一番のオススメは「ネットせどり」です。

ヤフーオークションも有名ですが、Amazonが一番有名で、
買う人も一番安心できるのが「Amazon」ではないでしょうか?
多くのお客さんが訪れるため、利益を得られる可能性も大きくなります。

ですが、その分多くのライバルがいます。

Amazon内で同じ商品を売るライバルが多くいるため、売れないリスクもあり、価格競争にもなりますが、信用を得るための努力や、宣伝のための労力などを考えると、Amazonでせどりをするのが一番良いと思います。

また、どの販売でも商品が売れた場合は、梱包、配送などの作業が必要ですが、
そのためにかかる費用などは少なく、心配するほどではありません。

まずは自分にあった方法を選び、小さく始めてみましょう。

コメント