「ショッピングモールと個人」ネットショップはどちらで出店すべき?

せどり・ネットショップで稼ぐ

ネットショップで稼ぐためには、ネットショップを開設しなければいけません。

ネットショップ開設には2つの方法があります。

一つは「ショッピングモール(ショッピングカート)」でネットショップ開業。
もう一つは「個人」のネットショップ開業です。

「ショッピングモール」と「個人ショップ」の
メリットとデメリットを把握して、どちらで出店すべきかを考えましょう。

スポンサーリンク

「ショッピングモール」のメリット&デメリット

モール出店の「メリット」①集客力

ショッピングモールとは、様々な商業施設が集まった大規模な商業施設です。
この場合のショッピングモール(ショッピングカート)とは、
多くのネットショップが集まった「ショッピングサイト」です。
Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどが有名ですね。

ショッピングモールで開業するメリットは「集客力」です。
大手ショッピングサイトは、多くのお客さんが集まります。

集客せずともお客さんの目に触れ、
売れる可能性が高くなるのが「ショッピングモール」のメリットです。

モール出店の「メリット」②信頼感、安心感

お客さんが商品を購入する際、信頼感、安心感が重要になります。

ネットでショッピングをする際、お客さんが心配するのは、
「ちゃんとした商品なのか?」「指定日に配達されるのか?」「返品できるのか?」
といった事も、購入する条件となります。

個人のショップと違い、モールで販売している場合は、
そのショッピングサイト自体が「ブランド」であるため、安心感が生まれ、
購入に結びつきやすいのがショッピングモールの「メリット」です。

モール出店の「デメリット」①費用が多くかかる

多くのお客さんが集まる所に「場所代」を払ってお店を出させてもらうので、
通常のネットショップよりも「費用」が多くかかります。

毎月の費用や、開業時にかかる費用、商品が売れた際に支払う費用などがあり、
個人のネットショップと比べ、「費用」が多くなることが「デメリット」です。
(各費用はモールにより異なります)

モール出店の「デメリット」②カスタマイズがあまりできない

ショッピングモールで出店する場合は、
出店するモールの決まりを守らなければいけません。

規約、制限があったり、ショップの構造、商品紹介の方法など、モールのルールに則って
運営していかなければいけません。

独自性を出したい方、様々なカスタマイズを考えている人にとって
ショッピングモールの出店は「デメリット」になります。

スポンサーリンク

「個人」のメリット&デメリット

個人出店の「メリット」①費用が抑えられる

個人出店の場合、費用を自分で決めることができます。
無料のショップサイトから、多少費用がかかるものなど、自分で選択できます。
モールと違い「場所代」などが掛からないため、金銭的リスクが少なくなります。

個人出店の場合、費用が抑えられるのが「メリット」です。

個人出店の「メリット」②カスタマイズ性に優れている

個人出店の場合は、モールと違い、規約、制限がありません。
店の決まりは、自分で決めるのです。

更には、サイトのカスタマイズなども、自由に行えるため、
独自性を出したい人や、自社ブランドを構築したい方には「メリット」になります。

個人出店の「デメリット」①集客力が無い

個人出店の一番のデメリットは「集客力」がないことです。
一から宣伝、集客を行わなければいけません。

ショッピングモールで出店した場合は、
お客さんが「勝手に来てくれるイメージ」ですが、
個人出店の場合は「宣伝、集客をしなければ誰も来ない」のが「デメリット」です。

個人出店の「デメリット」①信頼感、安心感が無い

ショッピングモールで出店した場合は「ショッピングモール自体がブランド」でしたが、
個人出店の場合は「ブランド」が確立されておらず「信頼、安心」がありません。

ショッピングモールと比べ、初めは購入されにくいでしょう。
売れるようになるまで時間がかかるのが、個人出店の「デメリット」です。

結局どちらが良いのか?

モール出店は、
「集客力があり、信頼感、安心感もあるが、費用が多くかかり、カスタマイズ性が無い」

個人出店は、
「費用が少なく、カスタマイズ性に優れているが、集客力がなく、信頼、安心感が無い」

個人的には
「手軽さ」を目指すのであれば、モールでの出店。
「上質さ」を目指すのであれば、個人での出店です。

「手軽さ」とは、「手に入れやすく、手軽で、安価な商品」で、
「上質さ」とは、「手に入りにくく、上質で、高価な商品」です。

モールでの出店は、ショッピングサイト自体が「ブランド」なので、
独自商品のブランド構築、自社ブランドを構築するのには不向きです。

モールでショッピングする際、「ブランド力」を求めている人は少ないはずです。

求めているのは「手軽さ」ではないでしょうか。
「手軽さ」を目指すのであれば、モールでの出店が有利です。

 

上質さは、高級感、他にはない良さ、といった、
他の商品に引けを取らない商品を作り上げなければなりません。

また、商品イメージに合ったショップの作成や、高級感を演出することも必要です。
上質さを追及するのであれば「個人出店」の方が有利です。

集客力、費用といった面も違いますが、
「手軽さで勝負するのか?」「上質さで勝負するのか?」
「この先自分は、どちらを目指して商売を行うのか?」と考えることで、
「モールと個人」の選ぶポイントが変わり、自ずと答えが出ると思います。

個人出店・ショッピングモール出店のオススメはコチラ↓

ショッピングモールで出店・開業【大手ショッピングモール比較】
ネットショップを出店する場合、「ショッピングモールで出店するか?個人のショップを出店するか?」という二つの選択肢があります。大手ショッピングサイトを比較し、自分に合ったショッピングモールを選択しましょう。Amazon…ヤフーショッピング…初期費用…月額利用料…
個人ネットショップ開業「無料&有料 ショッピングカート比較」
無料・安価でショップ作成ができるサイト(ショッピングカート)を比較してみましょう。カラーミーショップ…ショップサーブ(shop serve)…MakeShop…無料ショッピングカート…BASE(ベイス)…TopSeller (トップセラー) …個人のネットショップを開業する場合は…

上質さで最高峰に位置する商品やサービスは手軽さに乏しいかもしれないが、それはそれでかまわない。手軽さを重視する顧客は上質さを求めないからだ。同様に、手軽さの面で抜きん出た商品やサービスには上質さはさほど求められない。じつのところ、高い人気を誇る商品やサービスはたいてい、きわめて手軽だが極上とはいえないか、極上だが手軽とはいえないか、どちらかの傾向がある。

心を鬼にして上質さと手軽さのどちらかひとつに賭けようとするものは、煮え切らない者よりも大きな成果を手にする。

トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか 4,29ページから引用

コメント