せどりの基本と準備【ネットで稼ぐ方法】

せどり・ネットショップで稼ぐ

ネットで稼ぐ方法は様々ですが、せどりで稼いでいる方は多くいます。
まずは、せどりの基本を知り準備をしましょう。

ネットせどりとは、本・CD・DVD・家電など、様々な商品を仕入れ、
Amazon、オークションなどで販売(転売)し、その差益を稼ぐネットビジネスです。

スポンサーリンク

せどりの基本と準備

アフィリエイトや在宅ワークと違い、商品を仕入れるため金銭的リスクがあります。

仕入れた商品が売れなければ「赤字」です。

また、仕入れた商品によっては、時間が経つにつれ価値が下がる
商品などもあるため、多少の赤字は覚悟しなければいけません。

まず「どこで、どんな商品を売るのか」をあらかじめ考えておく必要があります。

せどりを行う場所を決める

どこで売るのか?の基本は「Amazon」か「ヤフーオークション」です。

イメージ的には、
通常の価格~通常価格以下の、多くの商品を販売する場合は「Amazon」
通常の価格~通常価格以上の、稀少な商品を販売する場合は「ヤフーオークション」
といったイメージです。

Amazon は多くの商品が販売されていて、基本的に新品が好まれます。
ネットで ”安く” ”簡単” にショッピングをしたい方に利用されています。
同じ商品を大量に売る場合、新品を転売する場合などにオススメです。

ヤフーオークションは、
特定の商品を探しているお客さんが多く、珍しい商品も販売されています。
稀少な商品であれば、出品価格より更に値が跳ね上がる可能性があるため、
珍しい一品、中古でも価値が上がる商品を売る場合にオススメです。

どんな商品を売るのか考え、下調べをする

当たり前ですが、売る商品が無ければ商売は成り立ちません。
ある程度場所を選定したら、売る商品を考え、下調べをしておく必要があります。

Amazonの「小口出品」であれば、維持費(月額費用)などは掛かりませんが、
ヤフーオークション・Amazon「大口出品」であれば、多少の月額費用が掛かります。

商品が全く決まっていないのに、
先に場所を契約してしまうと、無駄な費用になってしまいます。

どんな商品を売るのかを考え、仕入れ先の下調べを行っておく必要があります。

仕入れ場所、仕入れ値を調べ、実際に売られている価格と比較し、
どれくらいの利益が見込めるのか計算してみましょう。

 

新品を扱う場合は仕入れ先の確保なども必要ですが、
一番のおすすめは「せどりマニュアル」や「せどり系ツール」を利用し学ぶことです。

多少の先行投資にはなりますが、
右も左もわからない状態から、ある程度のレベルになるには時間が掛かります。
個人差はありますが、独学でやっていても一生稼げないかもしれません。

成功の鉄則は、成功者を真似ることから始まります。
仕入れ方法、仕入先の情報など、実際に稼いだ人から学べることは多いので、
情報教材を利用し、自らの作業や下調べを短縮するのも一つの方法です。

資金を準備する

どんなビジネスにも、多少の資金が必要です。
せどりでは数万円から始められますが、資金が多いほど有利になります。

資金が少ない場合、一つの商品が売れるまで、
他の商品の仕入れができない事態になりかねません。

一つ売れるまで待っているのは効率が悪く、資金の増加スピードが遅くなります。
できるだけ多くの資金を用意しましょう。

ある程度の準備と計画をしたら、まずは小さく始めてみる

どこで売るか?何を売るか?資金の調達を終えたら、あとはとにかく「やってみる」ことです。

実際に”せどり”をやってみることで、注意すべき点や、次の戦略などが見えてきます。

右も左もわからないまま多くの商品を仕入れるのは危険なので、
資金を多く準備した方も、まずは「小さく」始めましょう。

まとめ

  • せどりの準備として、まずは戦略を練ることから始める。
  • どこで売るか?を考えておく。
  • どんな商品を売るのか?仕入先などの下調べを行う。
  • 資金を準備する。
  • まずは小さく始めてみる。
  • 情報教材を利用する事も視野に入れる。

コメント