Amazon出品アカウント「作成に必要な物と登録手順」

せどり・ネットショップで稼ぐ

せどりとは、商品を仕入れて「Amazon」で売り、その価格差を報酬とするビジネスです。

そのためAmazonでせどりを行う場合
「Amazon出品アカウント」を作成しなければいけません。

アカウントを作成する前に、まずは必要なものを準備しておきましょう。

スポンサーリンク

Amazon出品アカウント作成時に必要なもの

  • ネット環境
  • 住所、電話番号、メールアドレス
  • 日本の銀行口座
  • クレジットカードまたはデビットカード

大抵のものは準備する必要は無いですが、
クレジットカード、もしくはデビットカードが必要です。

クレジットカードを持っていない方は、事前に作成しておきましょう。
何かの事情でクレジットカードが利用できない場合は「デビットカード」を作成しましょう。

デビットカード作成は、手数料無料・年会費無料の「ジャパンネット銀行」がオススメです。

Amazon出品アカウントを作成しよう

Amazon出品アカウントの登録に必要なものが揃ったら、
実際に「出品アカウント」を作成しましょう。

まずはコチラの→「Amazon出品サービス」にアクセスしましょう。

大口出品と小口出品があり、好きな方を選択して出品アカウントを作成します。

Amazon出品アカウントを作成しよう

大口出品と小口出品の違いはコチラで確認してください。

Amazon出品アカウント「大口出品・小口出品」の違いとメリット
せどりを行うには、Amazonで「出品アカウント」を作成しないといけない。その際に「大口出品・小口出品」という選択肢がある。どちらがお得?稼げる?大口と小口の違いを知ろう。ショッピングカートが重要 大口出品のメリット…

手順①

Amazonアカウント(出品アカウントではない)を作成していない方は、
氏名、メールアドレス、パスワードのを設定し、アカウントの作成を行ってください。

 

手順②

Amazonのアカウント作成を終えたら、次に進み【正式名称】を決めます。

正式名称は、個人で登録する場合は「個人名」
法人で登録する場合は「会社名」を入力しましょう。

 

手順③

次に【表示名】(屋号)を決め、個人情報の入力を行います。

「表示名」は自分のお店の名前となるため、じっくり決めましょう。
個人情報は、郵便番号・住所・電話番号を入力します。

電話番号は「本人確認」を行うため、必ず連絡の取れる番号を入力しましょう。

 

手順④

その後、クレジットカードの情報を入力し、電話による「本人確認」を行います。
「電話を受ける」をクリックすると、PINコードが発行されます。

電話がかかってきたら音声ガイダンスに従い、
PINコードを入力すれば、出品アカウントの登録完了です。

まとめ

Amazon出品アカウントを作成するために、特に必要とするものはありません。
クレジットカードを持っていない場合は、作成しておきましょう。

小口出品の場合は、とりあえずアカウントを作成しても問題はありませんが、
大口出品の場合は、月額費用が掛かるため(初回3ヶ月は無料)、
とりあえずで作るのは余計な費用を増やしてしまいます。

Amazon出品アカウント作成前に、
大口出品・小口出品のどちらにするのか決めておきましょう。

手順通りに進めれば、Amazon出品アカウントの登録・作成は完了です。

コメント