Amazon出品アカウント「大口出品・小口出品」の違いとメリット

せどり・ネットショップで稼ぐ

せどりを行うためには、Amazonで「出品アカウント」を作成しなければいけません。

その際に「大口出品」と「小口出品」という選択肢があります。
どちらがお得なのか?どちらが稼げるのか?大口出品と小口出品の違いを知りましょう。

スポンサーリンク

大口出品と小口出品の違い

大口出品と小口出品の一番の違いは「料金」です。

大口出品の場合、月額登録料4,900円かかります。

小口出品の場合、月額登録料は無料ですが、
1点注文ごとに100円の基本成約料がかかります。

金額だけでなく、「ツール」や「決済方法」、
「ショッピングカート」利用の有無など、様々な違いがあります。

まずは下の表で、違いを確認しておきましょう。

大口出品サービス小口出品サービス
月額登録料月々4,900円
(3ヶ月無料)
なし
基本成約料なし成約商品一点につき100円
出品形態出店
(出品商品一覧ページに掲載)
出品
一括出品ツールの利用×
注文管理レポートの利用×
出品者独自の配送料金
お届け日時指定の設定
×
購入者へ提供できる
決済方法
クレジットカード
Amazonギフト券
Amazonショッピングカード
コンビニ決済
代金引換
Edy払い
クレジットカード
Amazonギフト券
Amazonショッピングカード
プロモーション
ギフトオプション
Amazonポイント
などを利用
×
ショッピングカート、
こちらからも買えますよ
ボックスへの
出品者名表示権限
×
出品できるカテゴリー今すぐ出品可能

書籍/文房具.オフィス用品/
ミュージック/
ホーム&キッチン/ビデオ/
DIY・工具・車用品/DVD/
おもちゃ&ホビー/PCソフト/
スポーツ&アウトドア/
TVゲーム/
ベビー&マタニティ/
エレクトロニクス/楽器

出品許可が必要

時計/ヘルス&ビューティー/
アパレル、シューズ、バック/
コスメ/ジュエリー/
食品&飲料/ペット用品

今すぐ出品可能

書籍/文房具.オフィス用品/
ミュージック/
ホーム&キッチン/ビデオ/
DIY・工具・車用品/DVD/
おもちゃ&ホビー/PCソフト/
スポーツ&アウトドア/
TVゲーム/
ベビー&マタニティ/
エレクトロニクス/楽器

結局「大口出品・小口出品」のどちらが良いのか?

単純に考えると、49品以上売るなら「大口出品」、それ以下ならば「小口出品」ですが、
大口出品は小口出品よりも便利で、多くの商品が売れるシステムを利用できます。

「毎月○品限定」という商品ならともかく、
多くの商品を売ろうと思っている方は、大口出品で登録すべきです。

その最大の理由は「ショッピングカート」または
「こちらからも買えますよ」ボックスへの出品者名表示権限です。

ショッピングカートが重要「大口出品のメリット」

まずは、実際の商品ページを見てみましょう。

①「ショッピングカートボックス」を獲得している出品者
②「こちらからもご購入いただけますボックス」に表示されている出品者
③「①と②以外」の出品者

ショッピングカートがなぜ重要なのか?

購入者が、右上の「カートに入れる」をクリックして購入した場合、
①に表示されている出品者から購入することになります。

購入する方は値段でも違わない限り、わざわざ他の出品者を選択することは少なく、
右上の「カートに入れる」から購入するでしょう。
ショッピングカートボックスを獲得したら断然有利なことは一目瞭然です。

②では、①で提示されている金額より安く販売している方がいます。
このような場合は、多少売れる可能性も出てきます。

③は「カートに入れる」が表示されていません。
①で提示されている金額よりも安い額が表示されていますが、
文字も小さく、こちらから探して購入する人は少ないはずです。

スポンサーリンク
①が一番購入されやすい。
②は①の提示額より安ければ購入される可能性が高くなる。
③からは殆ど購入されない。

小口出品の場合は③にしか表示されませんが、
大口出品の場合は①と②に表示される可能性があるということです。

ですが、確実に表示されるわけではありません。
「ショッピングカートボックス」の獲得条件には以下の4つが挙げられています。

  • 注文不良率
  • 出品者のパフォーマンスの指標
  • Amazonで出品している期間と取引回数
  • 出品形態が「大口出品」

期間、取引回数などの詳細まではわかりませんが、
お客さんに不快な思いをさせないことが重要です。
要は、まともな商売を行っていれば問題ありません。

上記の条件を満たしている出品者の中から、ランダムで表示されますが、
評価が高い店ほど表示される可能性が高いはずです。

キレイな梱包、素早い配送などを徹底すれば、
店、出品者の評価も上がり、
ショッピングカートボックスに表示されることも多くなるでしょう。

せどりを行う場合、ショッピングカートボックスは最重要なので、
大口出品で登録することをおすすめします。

大口出品から小口出品へ変更可能

大口出品の月額料は4,900円ですが、「最初の3ヶ月間は無料」です。

また、大口出品から、小口出品へ変更が可能なので、
まずは大口出品で登録し、思ったように売れなかった場合は、
3ヶ月以内に小口出品へ変更すればいいだけです。

小口出品で月々40点売れるノウハウを持っているのであれば、
ショッピングカートを取れれば、大口出品では50点以上売れる可能性があります。

また「コンビニ決済できないから他で購入しよう…」ということにもなりかねません。

大口出品は「月4,900円損する可能性」がありますが、
小口出品は「月1円から上限なしに損する可能性」があります。
(大口出品だった場合もっと売れたかもしれないという可能性)

せっかく始めるなら、多くの利益を得る可能性が高い「大口出品」を選択しましょう。

Amazon出品アカウント「作成に必要な物と登録手順」
せどりとは、商品を仕入れて「Amazon」で売り、その価格差を報酬とするビジネスです。そのためAmazonでせどりを行う場合「Amazon出品アカウント」を作成しなければいけません。アカウントを作成する前に、まずは必要なものを準備しておきましょう。Amazon出品アカウント作成時に必要なもの…

まとめ

  • 大口出品と小口出品の違いは、月額料、成約料、ツールなど様々。
  • ショッピングカートは最重要。
  • 大口出品から小口出品へ変更可能。
  • 最初は3ヶ月無料のサービスもあるため、大口出品で始めるべき。

コメント