リンクエラーをチェックするプラグイン【Broken Link Checker】

プラグイン

ブログ、サイトにリンク切れ(リンクエラー)がある場合、
SEO対策的には、マイナス要因になります。

手動でリンク切れを発見し、修正するには多くの時間と作業が必要になります。

Broken Link Checker は、
WordPressブログ内のリンク切れを「自動」でチェックしてくれるため、
リンク切れ(リンクエラー)を簡単に発見できるプラグインです。

スポンサーリンク

Broken Link Checker のインストール

ダッシュボードから「プラグイン → 新規追加」をクリックし、
検索窓で「Broken Link Checker」と検索しましょう。

Broken Link Checker のインストール

検索後、Broken Link Checker の今すぐインストールをクリック。

インストール後「プラグインを有効化」をクリックすれば完了です。

Broken Link Checker の設定

設定を行う場合は、
ダッシュボード左メニューの「設定 → Broken Link Checker」をクリック。

リンク切れ(リンクエラー)を確認する場合は、
ダッシュボード左メニューの「ツール → リンクエラーをチェック」から行えます。

リンク切れ(リンクエラー)がある場合は、
ツールの「リンクエラーをチェック」に、リンク切れの数が表示されます。

 

Broken Link Checker の設定は、特に変更点はありませんが、
ブログ内に動画をよく挿入する場合は「リンク種類チェック対象」からチェックを入れ、
リンク切れをメールで通知したい場合は、メールアドレスを入力しましょう。

Broken Link Checker の設定

リンク切れ(リンクエラー)の確認と修正

リンク切れを確認し、リンク切れがあった場合、以下のように表示されます。

リンク切れ(リンクエラー)の確認と修正

リンクにカーソルを合わせると、
【 URL編集|リンク解除|リンクエラーでない|リンク切れから解除|再確認 】から、
リンク切れ(リンクエラー)の修正が行えます。

記事タイトルにカーソルを合わせると【 編集|ゴミ箱|表示 】が表示されるので、
「編集」から、記事の編集が行えます。

思わぬところがリンク切れになっている事もあるので、
リンク切れの確認と修正はこまめに行いましょう。

まとめ

  • リンク切れ(リンクエラー)はSEO的にマイナスになる。
  • リンク切れを発見、修正するためには Broken Link Checker を利用する。
  • リンク切れをメールで通知したい場合は、アドレスを入力しておく。
  • リンクエラーの修正は、チェック画面から行える。

コメント