WordPress でメルマガを発行する MailPoet Newsletters

プラグイン

MailPoet Newsletters は、
ブログ更新のお知らせメールや、メルマガを発行するためのプラグインです。

キレイで見やすいニュースレターが作成でき、
設定も簡単なので、一見難しそうな「メルマガ発行」が簡単に行えます。

WordPress でメルマガを発行したいなら「MailPoet Newsletters」を利用しましょう。

スポンサーリンク

MailPoet Newsletters のインストール

ダッシュボードから「プラグイン → 新規追加」をクリックし、
検索窓で「MailPoet Newsletters」と検索しましょう。

検索後、MailPoet Newsletters の今すぐインストールをクリック。

MailPoet Newsletters のインストール

インストール後「プラグインを有効化」をクリックすれば完了です。

 

MailPoet Newsletters の設定

インストール後は、ダッシュボード左「MailPoet → 設定」をクリックすると、
下の画面が表示されます。

MailPoet Newsletters の設定

そこで「それでは、MailPoetに行きましょう」を押し、最初の画面を飛ばして、
MailPoet Newsletters の「設定」を行いましょう。

まず基本設定で、3つの設定を行います。

  1. メール通知
  2. 通知の送信者
  3. コメントで購読申込み

MailPoet

①メール通知では、自分のブログに購読の申し込みがあった場合、
自分宛にメールを送るか選択します。

②通知の送信者では「名前」と「アドレス」を設定します。

③コメントで購読申込みでは、コメントをする際に
「購読の申し込みをするか」のチェックボックスを設置するか選択します。

MailPoet

無いより、ある方が購読される可能性が高まるので、チェックしておきましょう。

その他、変更できる項目がありますが、
まずはメルマガを発行できる状態にするため、
設定しなくても問題無い細かい設定方法は飛ばします。

購読中止ページを変更する場合は、事前に固定ページを作成する必要があります。
デフォルトでも問題ありませんが、こだわる方は固定ページを作成してください。

MailPoet

設定を終えたら「変更を保存」し、「フォーム」の設定に移りましょう。

スポンサーリンク

MailPoet Newsletters フォームの設定

デフォルトにある「ニュースレターを購読します」を編集しましょう。

MailPoet Newsletters

ここでは「フィールドの追加」設定を行います。

編集をクリックすると、下の画面が表示されます。

MailPoet Newsletters

名前の編集は特にしなくてもOKです。

フィールドを追加する場合は、右からドラッグ&ドロップして追加しましょう。
追加する際に「入力ボックスにラベルを表示する」「必須」の選択をします。

フィールドの追加

購読する際に、名前の入力を必須にしたい場合は
「性」「名」などをドラッグ&ドロップし、必須にチェックを入れましょう。

名を必須にし、入力ボックスにラベルを表示した場合は、
下の画像のような入力フォームになります。

フィールドの追加

リストの選択をしたい場合は、事前にリストを作成する必要があります。
ブログの購読がメインであれば、複数のリストを作る必要はありません。

MailPoet Newsletters サインアップ承認の設定

ここでは「サインアップ承認」の設定を行います。

MailPoet Newsletters

サインアップ承認とは、意思に反して登録してしまうことを防ぐために、
購読するか、しないかを確認するメールを送信するシステムです。

ですが、個人的には、
わざわざアドレスを入力して、購読ボタンを押したにも関わらず、
「間違えた」なんて人はいないと思うので、サインアップ認証は無効にしています。

もし必要と思う方は、変更せずにデフォルトのままでOKです。

送信方法&高度な設定

送信方法はデフォルトでOK。

高度な設定では、特に変更する必要はありませんが「返信先の名前とメールアドレス」は、
自分が使用したい名前とアドレスに変更しておきましょう。

以上で「基本設定」は完了です。

次は「購読されたときのメール」と「更新を通知するメール」を作成しましょう。

スポンサーリンク

ニュースレターの作成&編集

設定を終えたら、ニュースレターを作成しましょう。

ダッシュボード左「MailPoet → ニュースレター」をクリックすると、
下の画面が表示されます。

「5分でわかるユーザガイド」をクリックしましょう。

MailPoet

まずは、購読された際に送るメールを作成しましょう。

ニュースレターの種類で「自動的なニュースレター」を選択します。

MailPoet

「新しいコンテンツがあったとき → 購読申込みがあったとき」に変更します。
件名を編集したら、次のステップへ進みます。

ステップ2「メール本文の編集」

ステップ2では、メールの本文を作成します。

コンテンツの追加や、画像の追加、フォントカラー、フォントサイズ、
SNSリンク設定など、細かな編集が可能です。

ステップ2「メール本文の編集」

編集を終えたら、一度「プレヴューを送る」をクリックし、
実際に届いたメールを確認してみましょう。

確認してOKであれば「変更を保存」をクリックし、次のステップに進みます。

ステップ3「最終確認」

最後のステップでは、最終確認を行います。

件名や、送信者の名前、アドレスなどの確認を行いましょう。

ステップ3最終確認

今回は「購読した人が最初に受け取るメール」なので、
「購読している人を無視する」にチェックマークを入れておきましょう。

最終確認を終えたら「すぐにアクティベートする」をクリックすれば、
ニュースレターの作成は完了です。

スポンサーリンク

記事更新を知らせるニュースレターを作成

次に、ブログ更新を知らせるニュースレターを作成しましょう。

手順は上とほぼ同じです。

ブログを更新した際のメールなので「自動的なニュースレター」を選択し、
「新しいコンテンツがあったとき」を選択します。

メールを送る時間は「すぐに」でOKです。

MailPoet

件名を入力し「最初のリスト」にチェックマークを入れ「次のステップ」へ進みます。

 

次は、本文の作成です。
今回は「記事のサムネイル、タイトル」などがメール内に表示されます。

マウスカーソルを合わせると「自動最新コンテンツを編集」とでますが、
特に変更する必要はありません。

基本的には「投稿」の記事しか送信されません。
固定ページの更新もメールで知らせたい場合は、もう一つニュースレターを作成し、
「自動最新コンテンツを編集」から、投稿タイプを「投稿 → ページ」に変更してください。

MailPoet

メール本文の作成を終えたら、ステップ3へ進み、最終確認を行いましょう。

最終確認を終えたら「すぐにアクティベートする」をクリックすれば、
記事更新用のニュースレターも作成完了です。

サイドバーやフッターに「登録フォーム」を追加する

設定、記事の作成が完了したら、登録フォームをブログに表示させましょう。

ダッシュボードの「外観 → ウィジェット」から
「MailPoet Subscription Form:」を、追加したい所にドラッグ&ドロップしましょう。

MailPoetフォーム追加

タイトルを入力し、フォームを選択して「保存」をクリック。

サイドバーやフッターなどにフォームが表示されていれば、すべての設定完了です。

MailPoet

まとめ

以上で、MailPoet Newsletters の設定完了です。

本格的なメルマガ(アフィリエイトや、特定の商品紹介など)を発行するのであれば、
複数のリスト、複数のフォームの作成し、
購読者に合わせたニュースレターの作成を行いましょう。

購読中止ページの作成は、デフォルトでOKですが、こだわるのであれば作成しましょう。

コメント